JR東日本 「社員向け“三陸・常磐地域の魅力体験”イベント」

取組事例

2023.03.28

【イベントの取組紹介】

2023年2月26日(日)に新大久保駅直上の食の交流拠点「Kimchi,Durian,Cardamom,,,」にて、JR東日本グループ社員を対象に“三陸・常磐もの”の啓蒙を目的とした「三陸・常磐地域の魅力体験イベント」が開催されました。

太平洋に面する岩手県・宮城県の三陸沿岸、福島県・茨城県の常磐沿岸は、親潮と黒潮が交わるエリアで、プランクトンが豊富で世界三大漁場のひとつとして知られています。岩手県、宮城県、福島県の生産者と食材を広める活動を行っている「東の食の会」の高橋大就さん、福島県いわき市で仲買と魚屋を営む阿部峻久さん、岩手県大船渡市でホタテの養殖を行っている千葉豪さん、宮城県の塩竃・松島湾でわかめの養殖・加工を行う赤間俊介さんをゲストにお招きし、昼の部と夜の部の2回実施しました。会場には物販ブースも設けられ、産直で届いた商品がほぼ完売の盛況ぶりとなりました。

【昼の部】
「親子で知って、食べて、わくわく体験♪ 三陸・常磐の漁師・仲買人さんはヒーロー!~海の恵みスペシャルランチつき~」

12時からの昼の部は、親子で参加する海の恵みスペシャルランチつきイベントを開催しました。
冬に旬を迎えるわかめ、ホタテ、あんこうの3つの食材が用意され、ゲストのお話を聞きながら、子供たちは実際に新鮮な食材に触れ、興味津々の様子。そして3種類の食材を使ったスペシャルランチを楽しみました。
子どもと一緒に体験・実食した親御さんからは「野菜は近所の菜園でも見られますが、漁業は身近ではないので子ども達の勉強になり大変有意義でした」「ホタテの殻剥きなど、子どもにとって記憶に残る体験になったと思います」「自分自身知らないことがたくさんあり、それを学ぶことができて楽しかったです。子どもの食育にもとてもいい経験になりました」などの感想が聞かれました。

【夜の部】
「ヒーロー漁師・仲買人と食べて感じる、三陸・常磐の魅力~三陸・常磐の食材と日本酒を楽しむマリアージュとともに~」

17時からの夜の部は、大人だけを対象に、三陸・常磐の食材と日本酒を楽しむマリアージュイベントを開催しました。
三陸・常磐地域の特徴や、わかめ、ホタテ、あんこうについて紹介後、三陸・常磐の食材をふんだんに使った「おつまみ特別BOX」と福島の地酒を楽しみました。
参加者からは「とても勉強になり、自分の消費行動にも変化をもたらすイベントでした。三陸、常磐が一体となって誇りを持った生産者の言葉に感動しました」「地域のストーリーや、第一線で活躍される方々の生の声を聞いて学びながらおいしく食べることができたので、もっと多くの人に体験してもらいたいと思いました」といった感想の声があがりました。

参考:三陸・常磐地域の魅力体験イベントレポートページ